焼肉の豆知識!代表的な部位を知ろう!

焼肉を食べにいった時、さまざまな部位を注文すると思います。

 

居酒屋のようにお酒を楽しみながら、焼肉を食べ続けるのは、
至福の時といっても過言ではありません。

 

さて、そんな焼肉の時の注文なのですが、
カルビやロースなどいったい、どの牛肉のどの部位なのかご存知でしょうか?
恐らく、何となくで選ばれている方は少なくは無いでしょう。

 

ここでは、焼肉で良く注文するであろう部位を詳しく紹介します。

 

●ロース肉
ロース肉は、比較的サッパリした味わいなので、好きな方も多いと思います。
実は、ロースというのはローストに適する肉という意味から来ていることを、ご存知でしょうか。

 

薄切りにすることで、筋の多さを感じさせず、深い旨味を楽しむことができます。

 

サーロインなど良くきく名前ですが、
サーという貴族を表す称号をもじったもの、ということが言われています。

 

●バラ
肩バラやともバラなど、あまりこの名称ではメニューに乗っていませんが、
カルビとして使われる場所です。
お腹の三枚肉の部分がカルビと呼ばれており、
脂と肉本来の旨味がバランス良く融合している場所です。

 

とてもやわからく、極上カルビなどは特に上質なバラを使っている、ということになります。

 

●フィレ肉
焼肉というか、ステーキハウスなどで良く聞くフィレ。
こちらは、サーロインと腎臓の間の肉で、テンダーロインと英語では表現されています。

 

脂肪が少ない分、非常に綿密な脂肪を持ち合わせ柔らかい希少部位です。
牛肉は、捨てるところが無いほど、美味しく食べることができる部位があります。

 

ホルモンなども細かく分かれているので、
知識をつけてから食べると、より美味しく楽しめるはずですよ。